閉じる

ホーム > 町政情報 > 広報 > 撮っておき!フォトニュース > 撮っておき!フォトニュース 平成27年1~3月 > 島の林縁を彩るカンアオイの三重奏

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

島の林縁を彩るカンアオイの三重奏

トクノシマカンアオイ(絶滅危惧2類)

トクノシマカンアオイ(絶滅危惧2類)

徳之島に自生する3種類のカンアオイが、林縁で開花していました。花色や葉の大きさなどがそれぞれ異なり、島の植物の個性を垣間見ることができます。
紫色の花が印象的なトクノシマカンアオイは、葉が卵状三角形で、長さ5~10cm。がく筒の中央部がやや膨らんでいるのが特徴の徳之島固有種です。
がく筒が2cm程の可愛らしいハツシマカンアオイも、徳之島固有種。花茎が他のカンアオイに比べて長いのが特徴で、凛と立ち上がっているように見えます。
カンアオイの中でも、その名の通りひときわ大きい葉を持つのがオオバカンアオイ。葉長は10cmを超え、力強い緑色の花を咲かせます。徳之島と奄美大島の固有種です。
これら3種類のカンアオイは常緑広葉樹林内に生え、徳之島に自生する希少植物の多様性を表しており、環境省のレッドリストで絶滅危惧種に分類されています。
(写真説明は環境省のレッドリストでの分類です)

ハツシマカンアオイ(絶滅危惧1B類)

ハツシマカンアオイ(絶滅危惧1B類)

オオバカンアオイ(絶滅危惧1B類)

オオバカンアオイ(絶滅危惧1B類)

お問い合わせ

所属課室:企画課広報統計係

鹿児島県大島郡徳之島町亀津7203番地

電話番号:0997-82-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

徳之島町 観光情報