閉じる

ホーム > 子育て・教育・文化 > 教育 > 小学校 > 母間小学校

ここから本文です。

更新日:2022年6月10日

母間小学校

正門と校舎

本校は令和4年5月現在、5学級、43名、母間校魂を基調にして一人一人を大切にした特色ある教育活動を実践し、生き生きした明るい学校です。

学校教育目標

心身ともに健康で、確かな学力を身につけ、豊かな感性に富み、何事にも責任をもって最後までやり通す、たくましい実践力のある母間っ子の育成。

重点課題

  1. 「主体的・対話的で深い学び「」を意識した学習指導
  2. 「ふるさと教育」を活用した特色ある学校づくりの推進
  3. 心に届く生徒指導の推進
  4. たくましい体力・気力をもちねばり強い子どもの育成
  5. 安全安心な学校環境づくりと危機管理体制の確立
  6. 信頼される学校づくりとゆとりある校務運営
体育館前で遊ぶ児童

具体的方針

校庭で遊ぶ児童

  1. 創立120年の歴史と伝統を重んじつつ、新たな校風の創造に努める。
  2. 人権尊重の精神と公教育の精神に徹し、全職員一体となった全人教育の推進に努める。
  3. 心豊かな子どもの育成をめざし、一人一人の心に届く教育の推進に努める。
  4. 教師としての使命感・職責感に燃え、研究授業を通した実践的指導力を高める研修に励み、研究の深化を図り、授業力・学力向上に努める。
  5. 教育環境を整備し、施設整備の効果的な活用を図り、全ての教育活動の効果を高める環境づくりに努める。
  6. ICT(Information and Communication Technology)の整備と少人数・複式学級におけるICTを利活用した指導法の研究(平成26年~町教育委員会研究協力校)~ICTを活用した学びのイノベーション~。
  7. 家庭・地域社会との連携を密にした開かれた学校づくりに努める。

特色ある活動

「ICTを活用した学習指導」及び「ふるさと教育」

遠隔合同授業

本校は、徳之島町北部四校をテレビ会議システムで結んだ遠隔合同授業の研究を進めています。特に,中・高学年の複式学習を工夫し,2校の担任が学年毎の学習指導を担当して,複式学習を解消し,直接指導の時間を大幅に増やす複式双方向の遠隔合同授業「徳之島スタイル」の授業を推進しています。

母間小学校遠隔授業

ふるさと教育

本校は、島口劇や池間棒踊り等の伝統継承活動を「ふるさと教育」と位置付け,取り組んでいます。島口劇は,200年前に起こった「母間騒動」を劇にして学習発表会等で保護者や地域の方々に披露しています。また、池間棒踊りは、町の無形文化財に指定されており、地域の方々に指導していただき3年生以上が継承活動を行っています 母間小学校ふるさと教育

母間小学校校歌

1.
町並み長く連なりて
水は豊かに人情厚く
祖先の誇り受けつぎて
光栄ある歴史たたえつつ
ああ誠実のわれら母間校
(くりかえし)

校舎全景

2.

扇間の郷地は清く
朝日に映える学び舎に
かがやく瞳はつらつと
あふれる希望かざしつつ
ああ明朗のわれら母間校
(くりかえし)

3.
しげる榕樹に風かおり
学びの庭に六つ年を
心をみがき身を鍛え
高き理想仰ぎつつ
ああ躍進のわれら母間校
(くりかえし)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:学校教育課事務局

鹿児島県大島郡徳之島町亀津2918番地

電話番号:0997-82-1309

徳之島町立母間小学校
〒891-7426
鹿児島県大島郡徳之島町母間9375
電話番号:0997-84-0009

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?