• 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合い変更

ここから本文です。

更新日:2017年9月10日

読む「シマドラ」で島民による戯曲発表公演

小劇場の雰囲気の中、7つの物語を上演

小劇場の雰囲気の中、7つの物語を上演

9月10日、町文化会館で戯曲講座(演劇台本講座)受講生による発表公演「読む『シマドラ』」が上演されました。
上演された作品は、「劇団こふく劇場(宮崎県都城市)」代表の永山智行氏を講師に迎え、高校生や農家など、徳之島に住む幅広い世代が執筆。公演では朗読サークルなど演劇にゆかりのある島民が役者となり、「リーディング」という台本を持って演じる形式で行われました。徳之島の情景が浮かぶ物語と地元の役者の熱演に、観客からは大きな拍手が送られました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?