• 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合い変更

ホーム > 町の紹介 > 教育 > 小学校 > 尾母小中学校

ここから本文です。

更新日:2019年12月2日

尾母小中学校

本校は平成28年5月現在、小学校が2学級10名、中学校が3学級12名、「まことの子(誠実心) まなぶ子(向学心) 元気な子(克己心) 」の校訓のもと、小中併設校のよさを生かした教育に取り組んでいます。保護者や地域の人々も協力を惜しまず、郷土教育の充実を実践しています。

校舎全景

学校教育目標

「主体的に学び行動する、健康で心豊かな児童・生徒の育成」

本校の教育課題

  1. 基礎学力の定着・向上
    →基礎的・基本的な知識・技能の「習得」「活用」「探究」のサイクル化、授業充実の3ポイント(学ばせ方)、アクションプラン(学力向上)、徳之島ベーシックの活用、家庭学習の習慣化(60・90運動)、読書習慣、表現力等
  2. 豊かな心の育成
    →人や物・自然等への感謝や思いやり、あいさつ(礼儀)、善良な心(正直)
  3. 体力・気力の向上
    →基本的な生活習慣・食習慣(早寝・早起き・朝ご飯+歯みがき)、自主的な体力づくり(サーキットトレーニング)、忍耐力(ねばり強さ)

重点的努力事項

  1. 学習指導・進路指導の充実(力をつける授業)(ともに親しむ読書活動)
  2. 生徒指導の充実(心豊かな「あまみの子」)
  3. 保健指導の充実(たくましい「あまみの子」)
  4. 郷土教育の充実(島唄・島口、美ら島運動)
  5. 小中連携教育の推進と充実

学校経営の基本方針

憲法、教育基本法、学校教育基本法及び学習指導要領の示すところに基づき、県・地区・町の教育行政基本方針を踏まえ、小・中学校教育の目的を実現し、知・徳・体の調和のとれた心身ともにたくましい児童生徒の育成と自ら学ぶ意欲や社会の変化に主体的に対応できる能力「生きる力」を育てるため、基礎的・基本的な知識・技能の「習得」と「活用」並びに「探究」までの指導の徹底を図り、個性を生かす教育の充実に努める。

校庭で遊ぶ児童と生徒

特色ある活動

浜踊りの継承

地域の方々と浜踊り

年数回、高齢者を招いて全員で、踊りを習っています。毎年、運動会では、地域の方々と習得した踊りを披露し、校庭には約100名の踊りの輪が広がります。

三味線講座

敬老会で三味線を披露

小学校3年生以上の児童と生徒が毎週練習に励んでいます。歌に合わせた巧みな演奏を公民館講座学習フェアや学習発表会、集落行事などで披露しています。
部活動にも、熱心に取り組んでいます。2013年度第45回奄美大島中学校総合体育大会では、ソフトテニス男子個人戦で、小達啓太・安田健友ペアが優勝を果たしました。

尾母小中学校校歌

1
朝日夕日に色映えて
緑つきせぬ高台に
父祖の開きし地をしめて
ゆく末遠くゆるぎなき
わが学び舎にむつびつつ
いとものどかに伸びてゆく

  2

果てしらぬ海原に
昇る朝日をおろがみて
くめどつきせぬ恩愛の
深き泉をたたえたる
わが学び舎に励みつつ
いと朗らかに伸びてゆく

校舎全景(校歌用)

主な行事予定

4月 5月 6月 7月 8月 9月
入学式

新入生迎える会(中)

修学旅行 職場体験学習 出校日 始業式

新入生迎える会(小)

スケッチ大会 水泳学習 終業式 出校日 体育大会
ハブ対策教室 春の一日遠足 期末テスト      
10月 11月 12月 1月 2月 3月
中間テスト ロードレース大会 終業式 始業式 立志の集い お別れ遠足
学習発表会 期末テスト   なわとび大会 学年末テスト 卒業式
  餅つき大会       修了式

 

お問い合わせ

所属課室:学校教育課学校教育係

鹿児島県大島郡徳之島町亀津2918番地

電話番号:0997-82-1309

徳之島町立尾母小中学校
〒891-7104
鹿児島県大島郡徳之島町尾母300
電話番号:0997-82-1319

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?