閉じる

ホーム > 子育て・教育・文化 > 文化 > 郷土資料館 > 「旧山尋常高等小学校校舎」が国の登録有形文化財に

ここから本文です。

更新日:2021年7月17日

「旧山尋常高等小学校校舎」が国の登録有形文化財に

国の文化審議会(会長 佐藤信)は、令和3年7月16日(金曜日)開催の同審議会文化財分科会における審議・議決を経て本町に所在する「旧山尋常高等小学校校舎」を新たに登録文化財に登録するよう、文部科学大臣に答申を行いました。
この結果、後日行われる官報告示を経て、町内初の国登録有形文化財(建造物)になる見込みです。

1.文化財の概要

(1)文化財名:旧山尋常高等小学校校舎(きゅうさんじんじょうこうとうしょうがっこうこうしゃ)

(2)所在地:大島郡徳之島町山字兼久田1808-イ

(3)建築年代:昭和4年

(4)構造:鉄筋コンクリート造2階建

(5)建築規模:面積65.4平方メートル

(6)登録基準:造形の規範となっているもの

2.特徴等

徳之島北東部に位置し、敷地奥に南面して建つ。鉄筋コンクリート2階建。外観は隅の柱形を見せ、入り口に庇を付し、壁面は等間隔に横目地を切る。内部は前面に玄関や階段を排し、1、2階とも奥を教室とする。島内現存最古の鉄筋コンクリート造学校建築。

3.写真

旧山尋常高等小学校校舎正面 旧山尋常高等小学校校舎内
旧山尋常高等小学校校舎正面 旧山尋常高等小学校校舎内階段

お問い合わせ

所属課室:社会教育課郷土資料館

鹿児島県大島郡徳之島町亀津2918番地

電話番号:0997-82-2904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?