• 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合い変更

ホーム > くらし > 消費生活 > 製品の安全 > 製品を安全に正しく使用し、事故を防ぎましょう。

ここから本文です。

更新日:2017年12月26日

製品を安全に正しく使用し、事故を防ぎましょう。

消費者庁では、皆様の安全・安心のために、注意していただきたい情報を発信しています。
製品の購入時は安全に配慮された製品を選ぶ、長年使用している製品の破損がないか点検するなど、製品を安全に正しく使用し、事故を防ぎましょう。

ご注意ください!

一部抜粋

炊飯器や電気ケトル等による、乳幼児のやけど事故に御注意ください(PDF:377KB)(平成29年12月13日消費者庁)

高温の蒸気や転倒して熱湯に触れるおそれのある、炊飯器や電気ケトル等の製品は、乳幼児の行動範囲で使用しないようにしましょう。

これらの製品を使用する場所に乳幼児が立ち入らないよう、ベビーゲートを置くなど安全対策を実施しましょう。

ゆたんぽを安全に正しく使用しましょう!(PDF:535KB)(平成29年12月6日消費者庁)

使用中の低温やけどを防ぎましょう。
加熱・充電時の過熱等によるゆたんぽの破損や破裂、やけどを防ぎましょう。
お湯などの内容物の漏れによるやけどを防ぎましょう。

0~1歳児の大人用ベッドからの転落事故に御注意ください!(PDF:575KB)(平成29年11月8日消費者庁)

大人用ベッドに寝かせるのではなく、満2歳になるまでは、できるだけベビーベッドに寝かせましょう。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画課消費生活相談窓口
鹿児島県大島郡徳之島町亀津7203番地
電話番号:0997-82-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?