• 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合い変更

ホーム > 観光 > 自然遺産登録 > 希少種とノネコ・ノラネコシンポジウム(終了)

ここから本文です。

更新日:2015年2月13日

希少種とノネコ・ノラネコシンポジウム(終了)

「いま、希少種があぶない!!希少種とノネコ・ノラネコシンポジウム」が、下記の内容で開催されます。

希少種を守るために、私たちは何をすべきかを考えます。

希少種とノネコ・ノラネコシンポジウム開催01北海道の天売島、東京都の小笠原諸島、鹿児島県の奄美大島や徳之島、沖縄県のやんばる地域などにおいて、ノネコ等が、希少な野生動物を捕食してしまうなどの様々な悪影響を与えており、大きな課題となっています。
ノネコ等は、元々はペットで、飼い主の都合により捨てられてしまった不幸なネコたちです。一方で、絶滅が心配される希少種が多く生息し、将来にわたり豊かな自然環境を守っていくべき地域では、ノネコ等の影響を取り除いていく必要があります。
今回のシンポジウムでは、ノネコ等が希少種に与えている影響を広く皆さまに知っていただくとともに、この問題の解決策について議論していきます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

プログラム

1 開会
2 基調講演(1)
(40分)
「奄美大島・徳之島における希少種アマミノクロウサギへのノネコ、ノラネコの影響」
山田文雄(森林総合研究所特任研究員)
3 基調講演(2)
(40分)
「希少種生息地におけるネコ対策~沖縄の事例を中心に~」
長嶺隆(NPO法人どうぶつたちの病院沖縄・理事長)
4 休憩(質問票の受付)
5 パネル
ディスカッション
(80分)
「希少種を保全していくためのノネコ、ノラネコ対策」
コーディネーター:石井信夫東京女子大学
パネリスト:山田文雄(森林総合研究所)、香取章子(フリージャーナリスト)、長嶺隆(NPO法人どうぶつたちの病院)、安田直人(環境省希少種保全推進室)
6 閉会

開催日時及び開催場所

(1)東京会場

  • 日時:平成27年3月1日(日曜日)13時00分~16時00分
  • 場所:一橋大学一橋講堂中会議場

(2)大阪会場

  • 日時:平成27年3月8日(日曜日)13時00分~16時00分
  • 場所:花博記念ホール「陳列館ホール」

主催・共催・後援

  • 主催:環境省
  • 共催:一般社団法人日本哺乳類学会
  • 後援:公益財団法人日本動物愛護協会、公益社団法人日本動物福祉協会、公益社団法人日本愛玩動物協会、公益社団法人日本獣医師会、公益社団法人日本動物病院協会

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室
電話番号:03-5521-8353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?